りんごではじめる若々しい毎日。「プロシアニジン」のチカラが、あなたの健康をサポート!

りんごの健康効果について

世界中で健康に役立つ果実として食されてきたりんご

普段私たちが何気なく食べているりんご。実は、世界中でりんごにまつわる様々なことわざが言い伝えられるほど、その健康パワーは昔から注目されてきました。例えば、イギリスの「一日一個のりんごは医者を遠ざける」、スペインの「毎日のりんご一個は医者の費用を節約できる」、中国の「りんごを食べると医者いらず」など、はるか昔からりんごと健康は深い関係があったのです

りんごの食物繊維による作用

りんごにはセルロース、ヘミセルロース、リグニン、グルコマンナン、アルギン酸ナトリウム、キチン、そしてペクチン(プロトペクチンとペクチン)等の食物繊維が含まれています。
ペクチンは、植物の細胞壁を構成する成分で古くからりんごの健康成分として有名です。ペクチンは、善玉菌を増加させて悪玉菌を減らす働き(整腸作用)があるため、下痢や便秘を予防する働きがあります。
また、血中のコレステロール、中でも動脈硬化を引き起こす悪玉コレステロールを下げる働きもあり、心筋梗塞の予防に役立つとされています。
それ以外にも血糖値の上昇を抑えるので糖尿病の予防に役立つという研究報告もあります。

ビタミン、ミネラルによる健康増進作用

りんごには食物繊維以外にも、ビタミンCやカルシウム、マグネシウム等のミネラルが含まれています。

ビタミンC
皮膚や粘膜の健康維持を助ける抗酸化物質です。
カルシウム
骨や歯の形成に必要な栄養素です。
マグネシウム
骨や歯の形成に必要な栄養素で、多くの体内酵素の正常な働きとエネルギー産生を助けるとともに、血液循環を正常に保つのに必要な栄養素です。

疲労回復・食欲増進

りんご酸・有機酸を多く含み、疲労回復・体力増進・スポーツ疲れ・神経疲労にも役立ち、梅干などと同等の効力をもっています。

動脈硬化症・高血圧の予防にはりんごがおすすめ

りんごが動脈硬化症の予防につながるその理由は、りんご繊維が余分なコレステロールを排出するから
肉や、たまごなど、動脈硬化症の一因であるコレステロールの比較的多い食事をとったとき、りんごを一緒に食べると、りんご繊維が余分なコレステロールが血液に入る前に体の外へと運び出してくれます。
高血圧の予防にもつながるその理由は、ナトリウムの排泄をすすめ血圧を下げるから
高血圧は、塩分のとりすぎから体内のナトリウムを増やし、高血圧や心臓病の原因となります。
通常、じん臓がナトリウムの排泄をすすめ血圧を下げます。これを助けるのがりんごに含まれているカリウムです。
りんごに含まれているカリウムは血圧の上昇を抑える作用があるので、食生活の中に上手に取り入れることで、高血圧や脳卒中の予防にもなります。