りんごではじめる若々しい毎日。「プロシアニジン」のチカラが、あなたの健康をサポート!

老化のメカニズム

老化には原因がある

人間はなぜ老けるのか?同じ年齢でも見た目に違いが表れます。老化には原因があります。
その原因の一つである「活性酸素」と、老化のメカニズムについて解説します。

なぜ老化の早さは人によって違う?

活性酸素が発生する原因

身体の酸化は、肌のトラブルやさまざまな病気に深く関わり、老化を促します。
その原因となる活性酸素の発生源は、実にさまざま。同じ年齢の方でも、若く見えたり老けて見えるのは、ライフスタイルによって体内の活性酸素の発生量に違いが生じ、それが老化のスピードに影響を与えているからなのです。

老化が加速するのは、40歳を過ぎるころから

加齢と抗酸化力の関係

本来、私たちの身体には老化や病気の原因となる活性酸素を取り除く酵素が備わっています。
しかし、その抗酸化酵素は25歳ぐらいから徐々に減り始めて40歳を過ぎる頃から急激に減少します。
その為、活性酸素の消去が間に合わずに、細胞が酸化されてしまい、老化や組織障害が加速してしまいます。

活性酸素の発生源はこんなにある!!

活性酸素の発生源

活性酸素は生物が酸素を使ってエネルギーを得る過程で、大量に発生しています。

呼吸

私たちは食物から摂取した栄養素をエネルギーに変える過程で、呼吸により摂り込んだ酸素を燃焼に使います。この呼吸から摂り込まれた酸素の約2%が活性酸素になります
これは私たちが生きていくために避けることができません。

過度なスポーツ

激しいスポーツはより多くの酸素を身体に取り込むため、活性酸素をたくさん発生させてしまいます。つまり過度な激しい運動は、かえって老化の進行を進めてしまうおそれもあります

ストレス

仕事や勉強、人間関係などのストレスや緊張は、活性酸素を発生させる原因の1つです。
ストレスが原因の病気には、血管障害や胃潰瘍などが有名ですが、私たちはストレスを感じると、血管が収縮して血液の循環が滞った状態になります。その後、ストレスから解放されて血液循環が再び促される際、血管内に存在する酸化酵素が活性酸素を発生させることが知られています。
この際に発生した活性酸素は血管を傷つけ、更には組織障害を引き起こし、胃潰瘍などの原因になりかねません

紫外線

紫外線の刺激も活性酸素を発生させる原因の1つです。
この際に発生した活性酸素は、皮膚を構成するタンパク質、コラーゲンを破壊するとともに、皮膚の弾力性を保つヒアルロン酸を変性させてしまいます。
また細胞の膜に含まれている脂質を酸化させ、過酸化脂質と呼ばれる活性酸素と同様に酸化を促進する分子を作り出します
その結果、紫外線の影響を過剰に受けると、しみ、そばかす、シワが出来やすくなると同時に、皮膚ガンの原因にもなるとされています。